<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
華原朋美
c0074001_465787.jpg
華原朋美 (歌手)
千葉県 1974年8月17日 156cm

自分のプライベートを切り売りする芸能人は好きじゃないけど、ここまで開き直ってすべてをさらされると、「そかそか、ガンバレよ!」と言いたくなりませんか?

私の中で悲劇のヒロインな女性芸能人ベスト3は、宮沢りえ、華原朋美、中森明菜。

宮沢りえちゃんは、きちんと考えて仕事を選び、いろいろなことをコントロールしながら理想的なイメージ回復をしたと思います。

朋ちゃんは、なんか自分できちんと考えるほどの頭もなく(失礼)、周囲の人もあまり配慮してくれず、「とりあえずなんでもやって稼がせろ」、みたいな忙しさに流されながら、「気づいたら笑えるようになっちゃってました(アハッ)」ってな感じ。

中森明菜さんは・・・ホントに不幸だ。

朋ちゃんが『進ぬ!電波少年』に出演していたころは(あまり見たことないけど)、「あんなに売れてた人がここまでやるのか」、とドン引きしたものです。その後もアニメの主題歌を歌ったり、細々とNHKにレギュラー出演したり、決して華やかとはいえない復帰道。けっきょく「なんでもやります!」的な二流タレントに成り下がりました。

でも、なんか親近感なのよね。いろいろ悩んでも自分では納得のいく解決はできなくて、ただ悶々と日々の仕事や生活に流され、カッコつけたいけどそうも言ってられず。振り返っても不毛、がんばっても空回り。芸能人も普通の人間なんだな。

時の流れに解決してもらうしかないヨワヨワ人生もいいんじゃない?「なんでもやります!」な朋ちゃん、若いときなら「カッコ悪いなぁ・・・」と思っただろうけど、今は「ガンバレよっ!」とエールを送りたくなるのです。

あんなオトコに依存して生きるより、ずーっとカッコイイぞ!
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-31 04:41 | ファニー美人
ハル・ベリー
c0074001_10313021.jpg
Halle Berry ハル・ベリー (女優)
アメリカ 1966年8月14日 170cm

黒人の父と白人の母を持つハル・ベリー。1984年、ミス・オハイオに選ばれたことから、彼女のキャリアはスタートしました。2002年、『チョコレート』の演技で有色人種として初のアカデミー主演女優賞に輝き、そのキャリアは絶頂に。

そして今年2月、『キャット・ウーマン』の演技でゴールデン・ラズベリー賞(その年度の最悪な映画に贈られる)最低主演女優賞を受賞。このことはずいぶん報道されていましたね。賞の性質上、トロフィーを受け取りに来る俳優はほとんどいない中(過去に出席したのはひとりだけ)、オスカー女優が堂々と授賞式に現れるとはあっぱれ!

以下、ラジー賞での彼女のスピーチ。

「私をハリウッドのトップから最底辺に落としてくれた、『キャット・ウーマン』の関係者のみなさん、本当にありがとう。このクソ映画に私をキャスティングしてくれたワーナー・ブラザーズに心から感謝します」

ここまでは、アカデミー主演女優賞を受賞したときの自分のスピーチのパロディ。
この後、自分のエージェントをステージに引っ張り上げ、

「次からは、脚本を読んでから仕事を選ぶのね」

「母から、“良き勝利者になるには、良き敗北者にならなければいけない”、と教えを受けたのよ。だからここに来たの」

と語り、大喝采を浴び、

「あなたたちには二度と会いたくないわ!」

と捨て台詞を残して去って行きました。

シャレのわかる女ってカッコイイっ!ハルの受賞シーンはずいぶんと話題になったことだし、来年度からラジー賞の授賞式に出席するスターも増えるんじゃないでしょうか。ジョークの効いたスピーチを用意すれば、かえってイメージアップに繋がりそう。

でもさ、こういうことって最初にやった人がいちばんカッコイイのよね。グウィネスあたりにでも真似されたら(←遠からずラジー賞も受賞しそう)、一気に興醒めだわ。
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-29 22:36 | パワー美人
森泉
c0074001_2236404.jpg
森泉 (モデル)
東京都 1982年10月18日 174cm 80-59-89

bridget88さんよりご推薦。

日本を代表するデザイナー森英恵氏の孫娘、森泉さん。最近はモデルとしてだけでなく、タレントとしても活躍中です。

パッと目を引く華やかな顔立ちながら、美人かと聞かれると、うーん・・・若干崩れてるかも。ちとサラ・ジェシカ(長め)入ってる。長身でスリムな身体つきながら、スタイル抜群かと聞かれると、うーん・・・若干崩れてるかも。ちと腰開き気味の、O脚気味。ま、本物のセレブという付加価値つきですからね。過大評価もいたしかたない。

現在、日本テレビのトーク番組『おしゃれism』に、藤木直人とくりーむしちゅーの上田と一緒にレギュラー出演中。一度だけ見たことがあるのですが、藤木直人と森泉は何のために番組に存在するのか、激しく疑問です。ぜんぜんしゃべらないイケメンと、空気読めずに話の腰を折る迷惑なお嬢様。上田ひとりでいいんじゃないだろうか。トークに魅力のないかわい子ちゃんは、黙ってモデル業に精進するのが賢明。

ブタに真珠・・・
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-26 22:38 | 美人ちゃうやろ?
ブレンダ
c0074001_7185677.jpg
Brenda ブレンダ (モデル)
アメリカ(ハワイ) 1972年2月24日 170cm 84-58-86

日韓ハーフとは知りませんでした。私のいちばんお気に入りのモデル、ブレンダ。竹野内豊との熱愛発覚で、離婚歴まで発覚してしまいました。お気の毒。

個性的なファニーフェイスのモデルが流行している感のある最近のファッション界において、堂々たる正統派美人っぷり。一時期に比べると、最近は出番が少ないかなー。きっと恋愛が充実してらっしゃるのね。
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-23 07:29 | ノーマル美人
松下由樹
c0074001_21562611.jpg
松下由樹 (女優)
愛知県 1968年7月9日 168cm

多分正統派アイドル女優としてデビューした松下由樹さん。背が高くて、足が長くて、ボーイッシュな魅力にあふれていました。現在のドスコイぶりったら、想定外っ!

松下由樹といえば、ドラマ『想い出にかわるまで』。優等生の姉・るり子(今井美樹)と、情熱的な妹・久美子(松下由樹)が、石田純一を取り合う不朽の名作。このドラマで世に出るとともに、世間の多くの女性を敵にまわした松下由樹。私も当時はるり子派で、そりゃー松下さんを憎んだものですよ。しかもかなり長い間。

でも、女も憎まれているうちが華だわね。今となっては「女の敵」のイメージはどこへやら。個人的には今の松下由樹は潔くて好きだけど、なぜ痩せないのかが気になります。女優なのに。もう少し痩せたら本来スタイルは抜群なのに。

先日、友人の家でTVを見ていたら・・・
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-19 23:06 | 昔はスゴかった美人
マリア・シャラポワ
c0074001_054876.jpg
Maria Sharapova マリア・シャラポワ (テニスプレイヤー)
ロシア 1987年4月19日 183cm

みなさんが忘れた頃に、敢えてロシアの妖精。
時代の流れに鈍感なリコです。こんばんは。

今年2月に東レ・パンパシで優勝し、日本に一大ブームを巻き起こしたシャラポワちゃん。先日発表された米People誌「最も美しいセレブ50人」にも堂々のランクイン。

183cmの長身にテニスで鍛え上げたスーパーボディ、さらさらの金髪に女優並のルックス。しかも、現在世界ランク3位の実力派ですってよ(ちっ)。さらに、まだ19歳になりたてホヤホヤですってよ!(←これがいちばんムカつく)

だいたいね、スポーツ界の美人というのは、「スポーツ選手にしては」という枕詞つきの美人なわけですよ。ところがこのシャラポワちゃん、普通にハリウッドレベル美人じゃないですか。それにね、美人プレイヤーたる者、実力で若干劣るのが今までのスポーツ界の妥当なラインなわけ。なのにシャラポワちゃんは実力も兼ね備えちゃってるじゃないの。

ちょっとあなた、欲張りすぎじゃない?美人で強くて19歳なんて、独り占めし過ぎじゃない?ビーナス姉妹やダベンポートの身にもなってみなさいっつーのよ。
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-17 23:58 | ノーマル美人
ハイディ・クルム
c0074001_13584973.jpg
Heidi Klum ハイディ・クルム (モデル)
ドイツ 1973年6月1日 177cm 89-61-86

私が彼女と同じ「女」に分類されているのは、何か手続き上の間違いでもあるんじゃないでしょうか。なんだか生物学的に不安な気分になります。

めまいがするほど華やかな彼女は、スーパーモデルのハイディ・クルム。当然ながら恋愛遍歴も華々しい。2002年、ヘアアーティストのリック・ピピーノと離婚。2004年、ルノーF1チーム代表のフラビオ・ブリアトーレと交際、妊娠、婚約するも、出産前に破局。ちなみに、このフラビオ・ブリアトーレとは、元カノがナオミ・キャンベルという億万長者のおっさんです(ま、「オレ様の元カノはナオミ・キャンベルだぜっ」という男性は、世の中にたくさんいますが)。彼との間に生まれたレニちゃん(1つ)と一緒に、この度(5月11日)めでたく英国人歌手シールと再婚。すでに第二子を妊娠中とか。

この火傷しそうなボディで、過去には米Sportsillustrated誌のスイムウェア特集のカバーガールを務めました。現在はジゼル・ブンチェンとともに、セクシー下着メーカーVictoria's Secret(←かわいい)の広告モデルとして活躍しつつ、米バラエティ番組Project Runawey(若手アーティストを発掘するらしい)の進行役にもチャレンジ中。公私ともにノリにノッてるわね。

女として生まれたからには、一度はこんなポーズがしてみたい・・・
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-14 14:52 | パワー美人
長谷川理恵
c0074001_21421025.jpg
長谷川理恵 (モデル)
神奈川県 1973年12月1日 170cm

『石田純一の恋人で、モデルで、マラソンランナーで、野菜ソムリエ』、という肩書きがひとつ減り、最近バッシング浴び気味の長谷川理恵。走っているときはカッコイイなと思います。

石田純一との破局が伝えられたとき、ワイドショーでさんざんなことを言われてました。「豪邸どうするんだワガママ娘」とか、「マラソンは仕事じゃないだろ」とか、「ひとりで大物になったとでも思ってるのか」とか。概ね、「石田純一の恋人として有名になったくせに、この勘違い野郎めっ」という意見。

いや、私は違うと思うね、東海林のり子レポーターっ!

9年前、彼女が石田純一との不倫をフライデーされた当時、10代・20代のCanCam世代の間では、すでに長谷川理恵(22)>石田純一(40)状態だったのよ。東海林さんがご存知ないだけで。

あのかわいいCanCamモデルの理恵ちゃんが、なぜ盛りを過ぎたオッサンと・・・と首をかしげたものです。全国区で長谷川理恵の名前を知られる、という面ではある程度効果アリだったかもしれませんが、彼女にとって石田純一との交際は、イメージダウンにはならずとも、イメージアップにも繋がらなかったはず。石田純一はウハウハだったでしょうけど。

結果的にマラソンがいちばんのイメージアップに繋がった今となってみれば、東海林さんが言うほど石田純一は彼女に貢献していないように感じるんですがね。最初から、『石田純一の恋人で、モデルで、マラソンランナーで、野菜ソムリエ』、という純正ヘルシー路線だったら・・・適当なイケメンJリーガーかなんかと陽の当たる交際をしていたら・・・もうちょっとクリーンに注目を浴びていたでしょうに。

と、純一にツラク当たることになってしまいましたが、ワタクシ、石田純一が嫌いなわけではありません。むしろ昔からファンです。誤解を恐れずに言えば大ファンです。ぶっちゃけ、今すぐ結婚して差し上げてもよろしくってよ、ってくらいアリです。

なんかね、レポーターとかがよってたかって長谷川理恵の悪口言ってたのがカチンときただけなんっすよ。最近の長谷川理恵は、勝気で根性ワルなところが暴露され始めている高慢美人キャラの逸材。ヘタレレポーターなんかに潰させないわよっ!
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-11 21:57 | ノーマル美人
ブルック・シールズ
c0074001_2035652.jpg
Brooke Shields ブルック・シールズ (女優)
アメリカ 1965年5月31日 183cm

子供の頃はホントにすごかったブルック・シールズ。正真正銘、息を呑むほどの美少女でした。いやいや、今でもめちゃくちゃ美人ですけどね。

左は13歳のときに主演した『プリティ・ベイビー』。12歳の娼婦役という、今の時代じゃ大問題になりそうな設定です。右は15歳のときに主演した『青い珊瑚礁』。この後の作品、『エンドレス・ラブ』あたりまでが華だったかしら。

最近は日本で紹介されるような作品に出演していない彼女。今は何やってるのかなー?と思ったら、TV番組でヒットを飛ばしたり、ママセレブとしても活躍中とか。現在はロンドンでミュージカルに出演中。しかも『シカゴ』のロキシー役(映画ではレニー・セルウィガーが演じていました)。ちゃんと歌って踊れるんですね、エライ!美人も芸がないとね!
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-08 20:00 | 昔はスゴかった美人
ジゼル・ブンチェン
c0074001_12292041.jpg
Gisele Bundchen ジゼル・ブンチェン (モデル)
ブラジル 1980年7月20日 178cm 88-59-88
    
c0074001_13361723.jpg世界的なスーパーモデルとして、レオナルド・ディカプリオの恋人として有名な、ブラジルの星、ジゼル・ブンチェン。その見事なパーフェクト・ボディーを武器に、下着や水着などの露出系モデルとして引っ張りだこ。もちろん服を着たショーや広告モデルとしても大人気の彼女です。

今年度のアカデミー賞授賞式では、恋人のレオナルド・ディカプリオに初めて公の場でエスコートされ注目を浴びました。惜しくも受賞を逃したレオ様の代わりに、「ジェイミー・フォックスよりも私の恋人の方がいい演技だったのに、がっかりだわ!」と空気の読めない発言をしたことでも話題になってしまいましたね。こういう場合、「ジェイミー、素晴らしいわ!おめでとう!」と言うのが正しい大人の振る舞いなわけです。「お前、ああいうこと言うならもう連れて行かないよ」とレオ様に叱られて、「だってぇー・・・(プンプン)」なんて言ってそうですが、そんな彼女の素直で陽気な一面も魅力的。

Let's measure! 計ってみよう9頭身ボディー(裸足)→

踊る、踊る、踊る、ジゼル・ブンチェン・・・
[PR]
by ricobeauty | 2005-05-07 13:29 | パワー美人