<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ニコール・キッドマン
c0074001_21155778.jpg
Nicole Kidman ニコール・キッドマン (女優)
オーストラリア 1967年6月20日 178cm

綺麗、ホントに綺麗。ブロンドに青い目、陶器のような肌にバラ色の頬、スリムで長身。
いわゆる「美しさ」の象徴のような女性、ニコール・キッドマン。

・・・・・なのですが、実はワタクシ、キッドマンさんはちょっと苦手。

だって、なんだかマネキン人形みたいなんだもの。
常に一糸乱れぬお姿は、CGで作り出されたアニメーションみたい。
整えよう整えようとし過ぎて、生身の人間ぽくないというのかしら。
100点満点を狙い過ぎなのよ。引き算が下手なのよ。89点ぐらいが良かったりするのにね。

例えば、無造作なヘアのときも、無造作に見えるよう整えてヘアスプレーで固めていそう。
ナチュラルな素顔風メイクのときも、素顔風に見せる厚化粧を3時間くらいかけてしていそう。
カジュアルダウンの雰囲気を作るためのラフな服装も、考えに考えて選んでいそう。

なんだかニコールって、すべてにおいて計算づくに見えてしまう。
キメ過ぎなのです。キメてないときは、キメないように計算して、キメてるのです。

綺麗なことは認めるんだけど、ちょっと作り込み過ぎじゃぁないでしょうかね。

西の「作り込み女王」がニコールだとしたら、東の「作り込み女王」はこの人!
[PR]
by ricobeauty | 2005-12-28 21:15 | ノーマル美人
マドンナ
c0074001_1281820.jpgc0074001_162704.jpg
Madonna マドンナ (歌手)
アメリカ 1958年8月16日 164cm

今日は超久々に「SMAP×SMAP」を見てしまいました。
私にチャンネルを合わさせたのは、もちろん 泉ピン子 マドンナ

先日は米「エルガール」誌の10代読者から、「最もクールな老人」7位に選ばれたマドンナですが、「エルガール」なんか読んでるお子ちゃまギャルよりずっとカッコイイっつーの。ふんっ。

ニューアルバム「Confessions on a Dance Floor」も、そのレオタード姿も話題の的で、
音楽にもマドンナにも疎い私でさえも怒涛のプロモーションを目にする今日この頃。
でも私、新曲「Hung Up」を全部聞いたのは今日が初めてでございました・・・面目ない。

スマスマでは、軟体ヘビ娘含むPVのダンサーを引き連れ、ほぼPVに沿ったパフォーマンス。
後半の微妙に素人っぽいダンスは、私も一緒に踊れそうなユルさがイイです。
レオタードは赤じゃなくピンクでお願いしたかったけどね、細かいことはよしとしましょう。
いやぁ、生マドンナのご降臨パワー&オーラはスゴイだす。オミソレいたしました。

上の画像を見ても明らかですが、女はいくつになっても「キレイ」を忘れたらあかんね。
もちろんマドンナ様と自分を比べても仕方ないけど、やっぱりあきらめたらそこで負けよ。


c0074001_8263286.jpg今はココ(←※音が出ます)聞きながらこの記事書いてます。
いやぁ、好きだ「Hung Up」、この80年代の香り!
ビバ!マドンナ!腐ってもマドンナ!あんたサスガだ。
ただもんじゃないよ姉さん。いや、今日から兄さんと呼びたい。

「47歳中年、なぜにレオタード?」とつっ込みたくもなります。
「レオタード」って言葉がすでに死語ではないだろうか(笑)。
むっちり半ケツ、むきむき太もも、でも下腹はぺったんこ。
アリか?ナシか?と聞かれたら、若い人から見れば
ナシなのかもしれんのぅ・・・(ワタシ的にはアリアリよん)。

考えてみればマドンナって昔からそんな人でした。
時代に乗るんじゃなくて、時代を作る「スター」なのです。
オリジナリティーと個性と主張を持つ本物の「スター」。
イケてるんだか、イケてないんだか、どうなんだか・・・?
でも最終的には評価されちゃうのよ。
歌だけ歌ってりゃいいのに、変な映画に出てみたり、
失敗も含めて彼女はわが道を行ってたよね、昔から。

80年代に青春を謳歌☆謳歌☆謳歌☆しまくった私。
「ベストヒットUSA」(1981-1989)またやってくれよ克也!
信じられないだろうけど、マイケル・ジャクソンもイケてたのよ。
そこの若輩者、マイケルが歌ってるとこ見たことないでしょ?
最近その時代の人が頑張ってるの見ると目頭が熱くなるの。
マドンナとか三浦カズとか堀ちえみとかマッチどぇ~すとか。
(マドンナとマッチを同列にしてすみませんね)

←明日CD買っちゃうもんね♪スマスマ効果で(笑)るんっ♪
Gyaoでは2/1までマドンナのPV見放題やってます!
[PR]
by ricobeauty | 2005-12-20 00:26 | 昔はスゴかった美人
キーラ・ナイトレイ
c0074001_21262372.jpg
Keira Knightley キーラ・ナイトレイ (女優)
イギリス 1985年3月26日 170cm

おそらく、現在いちばん勢いのある旬の若手女優、キーラ・ナイトレイ。

雑誌などで“正統派美人”と言われているのを見ると、ワタシ的には「???」なんですが、
若さあふれるパワーと晴れやかな明るさは、ストレートに魅力的だと思います。
しかしながら、cuteキャラなのに笑顔がイマイチかわいくないところが実に惜しい。
彼女って笑うと引きつっちゃうのよね。

「ベッカムに恋して」(2002)、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(2003)、「キング・アーサー」(2004)、「ラブ・アクチュアリー」(2004)、「ドミノ」(2005)と、
このところ話題の映画に立て続けに出演し、大注目、大人気の彼女。
私もこの中の何作かを見ていますが、「ベッカムに恋して」のキーラが気に入ってるかな。
おてんばで気が強いサッカー少女役が、等身大ですごくチャーミングでした。
来年は「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」の公開も予定されていますね。
これは楽しみだにゃ~(←ジョニデがね)。

上に挙げた出演作の数々からもわかるとおり、「大変な勢いがある若手女優」というのは
誰もが認めるところなのですが、どうも垢抜けないというか、発展途中というか。う~ん。

彼女って雰囲気的にはかわいい顔立ちなのだけれど、・・・実際は口周りがちょっとね。
それにスタイルもあまりよろしくないし、ファッションセンスもかなり微妙。
歯並びを直して、スタイリストをチェンジし、さらに精進して欲しいところです。

それにしても、世間の評価って不思議・・・・・
[PR]
by ricobeauty | 2005-12-17 21:16 | 美人ちゃうやろ?
釈由美子 & 白石美帆
c0074001_1275544.jpgc0074001_128693.jpg
釈由美子 シャクユミコ (女優)      白石美帆 シライシミホ (女優)
東京都 1978年6月12日 163cm   茨城県 1978年8月8日 160cm

イマイチ大成しないふたりのカワイ子ちゃん、私けっこう好きなんで~す♡ すっかり男目線。
こういうアイドル顔で合コン必勝モテ系のわかりやすい女子は、ひそかに好みのタイプなの。

おふたりともコンスタントにドラマやバラエティーに出演していて、グラビアアイドル出身としてはかなりのエリートなのでしょうが、なんとなく2流でなんとなくパッとしない深夜枠系。

「なんとなく2流でなんとなくパッとしない深夜枠系」であることが、むしろ男子からの絶大な支持を受けることに繋がるのでしょうね。「ボクにも手が届きそう」なんて思ってるそこの男子、それトラップですから。ぜんぜん届きませんから。IT社長にでもならない限り、届きませんから。

かわいいしスタイルも良いし、なかなかどうしてけっこう演技もお上手なおふたり。「黒革の手帖」の波子役(釈さん)も、「電車男」の陣釜さん役(白石さん)も、かなりイイ線いってたよ。なのになぜふたりともイマイチ大成しないかといえば、それは、「未だターゲットを男子に絞り込み過ぎているから!」に他ならないとリコさんは分析します。

おふたりとも27歳。そろそろ女性にも好かれるようなキャラを確立させてひと皮剥けないとね。
ここから先は、いかに女性ファン(またはIT社長)を獲得するかが勝負よ!
[PR]
by ricobeauty | 2005-12-10 23:55 | ファニー美人
アンジェリーナ・ジョリー
c0074001_16285817.jpg
Angelina Jolie アンジェリーナ・ジョリー (女優)
アメリカ 1975年6月4日 174cm 92-71-92

最新作 『Mr.&Mrs.スミス』 PRのため、大騒ぎで来日したジョリーさん一家(ブラピ含む)ですが、帰国のニュースがないですね。まだ4人で日本をフラフラしているのでしょうか?それとも隠密裏にプライベートジェットで帰国しちゃったの?

圧倒的ないい女っぷりで、滞在中に日本の女子力を4割増幅させたと言われる(ウソ)アンジェリーナ母さん。いや~、見ているだけでアガリますな~。惚れ惚れしますな~。もう私なんて、ぜんぜんブラピ父さんが目に入らないもの。「見ているだけで気分が高揚する」「どんなにつまらない内容の映画でも、美しさだけでラストまで見る者を引っ張る力がある」。このレベルのパワーを持つ女性って、世界中見渡してもなかなかいません。

強く、激しく、美しく、セクシー・・・アンジーって一般的な日本女性の対極にある存在。「私にはないモノ」をすべて持っている女性だと思いませんか?真似したり比べたりする対象にならないっす。もう、拝むしかない。

若い頃から過激な発言と奔放な恋愛で鳴らしたアンジーに、数年前から新しく加わった肩書きは「難民救済活動家」と、「母」。今回の来日にもカンボジアから迎えた養子のマドックス君と、エチオピアから迎えた養子のザハラちゃんが同行しています。多額の寄付や現地でのボランティア活動への社会的評価は高く、今じゃ寄付するために映画に出演しているようなものらしいですね。

以前は身体の中に有り余っていたパワーを、奉仕活動に向けることによってようやく落ち着いた感のあるアンジーですが、「やるとなったらトコトンやるのよっ!」「誰が何と言おうと我が道を行っちゃうわよっ!」という極端で過激な性格は、どっちみち健在っぽい。ま、みなぎるパワーが良い方向に向くのは良いことです。

世界の難民を救済する大きな愛を持ちつつ、他人の亭主を横取りしちゃうアンバランス感も、彼女の危うい魅力の一部なのでしょうか。

ちょっとちょっと、ブラピとアンジェリーナだけじゃないっつーのっ!アタイも来日中よっ!
[PR]
by ricobeauty | 2005-12-02 15:02 | パワー美人