<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
国民的美少女コンテスト
恒例となったオスカーの国民的美少女コンテストがネットで投票を受け付けています。

わたしはそうだな~、この中だったら10番の宮崎香蓮ちゃんに1票。でもな~、3番の武井咲ちゃんもかわいいし、16番の宗田淑ちゃんも捨てがたいわ~。

・・・っつーかさ、みんな子供じゃん。眉毛もいじったことないような小学生ばっかじゃん。夏休みなんだからコンテストなんか出てないで、ラジオ体操行って宿題やって麦茶飲んで絵日記書いて虫でも捕ってなさい。趣味&特技が一輪車・メモ帳集め(吉田未來ちゃん12歳)、ぬいぐるみと遊ぶ・折り紙(安達優海ちゃん12歳)、って・・・この子たち正真正銘ただの子供じゃないですかっ!!こんなのに萌えてどうする?頭冷やそうよ、世間。

それにしても最近の子供の名前ってすごいね。マンガみたいだね。この美チビちゃんたちの名前を見てくださいよ。咲(エミ)ちゃん、緋沙(ヒサ)ちゃん、淑(シュク)ちゃん・・・って、変換できないよっ!挙句の果てには丹丹(タンタン)ちゃんてっっっ!パンダかよっ!わたしが学校の先生だったら、フリガナなしには子供の名前を読むこともできないわ。美チビちゃんの中で名前に子供の子がつくのはひとりだけ。がしかし、それも瑚子(ココ)ちゃんですってよ。ガクッ。

何かと話題の国民的美少女コンテストですが、歴代受賞者を見てみると、昔の受賞者のほうがコンスタントに活躍してる感じがしますね。最近では上戸彩ちゃんがひとりでがんばってるくらいで、その後の受賞者のみなさんは泣かず飛ばず?小粒です。


c0074001_20513764.jpgおととしだったかな~?たまたまテレビで国民的美少女コンテストの放送を見ました。そのときの受賞者は河北麻友子ちゃんという、これまたチビっ子だったのですが、彼女はかわいかった!

ほかの美チビちゃんたちの間でひときわ輝いていて目が離せなかった。髪と肌と瞳がイジョーなくらいキラキラしていて、断トツで「普通じゃないオーラ」を発していたな~。

麻友子ちゃんはNY在住で、現在は学業優先中(中学生だし)。まだお仕事はほとんどしていないみたいです。注目してるから大事に売ってね、オスカーさん。
河北麻友子 カワキタマユコ (国民的美少女)
アメリカ 1991年11月28日 156cm 70-54-74     

さて、元祖国民的美少女といえば!
[PR]
by ricobeauty | 2006-07-24 21:24 | 番外編
三浦理恵子
c0074001_23545353.jpg
三浦理恵子 ミウラリエコ (女優)
東京都 1973年9月1日 155cm 80-58-80

オンナのプロ、三浦理恵子さん。お色気名誉会長♡ うっふん名人♡ ミニスカ達人♡

杉本彩さんと武田久美子さんは強すぎる。大塚寧々さんと緒川たまきさんは難解なイメージ。
そこへいくと、この三浦名人はちょうどいいんです。上記4名のセクシー美女たちと比べるとインパクトに欠ける三浦名人ですが、実際リアルにいちばんモテるのは彼女でしょう。

性格は明るそうで男性を立てそうだし、難しいことを言うようなタイプじゃなさそうでしょ。絶世の美女でもないしダイナマイトボディでもないけど、キュートなお色気と美脚の持ち主。上目使いの笑顔に浮かぶエクボと、あの甘ったるいキャットボイスも魅力的。

超清純派アイドルだった彼女が、よくぞここまで確立されたお色気キャラを作り出したこと。ストレートにお色気うっふんなのに、下品じゃくてむしろさわやかだし、アイドル時代のかわいらしさも健在。モト冬樹じゃなくたって、男性ならばそりゃぁメロメロでしょうな。

心優しき我らが日本男児にとっては、何事も“過ぎない”ってところがポイント高いのです。美人過ぎ、スタイル良過ぎ、セクシー過ぎ、おしゃれ過ぎ、頭良過ぎ、人気あり過ぎ、才能あり過ぎ、全部ダメダメ~。女の子が立派過ぎたら、ヘタレな僕らが威張れないじゃんか。

三浦名人は絶対に男性を上から見下ろしません(いや、よく知らないけど)。常に男性が優位と感じさせる、男性にかわいがられる、これぞリアルモテのお手本。銀座なんかでも大成功されることでしょう。

もし三浦名人に生まれ変わったら、勉強なんかしないで、本なんか読まないで、美容と女らしさのことだけ考えて25歳ぐらいまでに人生をキメてやるわっ!
[PR]
by ricobeauty | 2006-07-19 00:35 | ファニー美人
祝!イタリア優勝!
c0074001_22275315.jpg
お、遅っ。われながら、遅っ。優勝したの4日前だし・・・。



c0074001_22291059.jpgc0074001_22293737.jpgc0074001_22295111.jpgc0074001_0342656.jpg
終わってみればイケメン軍団イタリアが優勝。知らないうちにスルスル~っと上がってきて、まんまと杯をかっさらっていきましたね。W杯の優勝はそりゃぁうれしくてはしゃぎまくっちゃう出来事でしょうが、それにしてもトロフィーやメダルをもらうときのお行儀の悪さが笑えた(笑)。ほっかむりしたままメダルもらうなよ、トッティ(笑)。

ああいうの見ると、日本人って異常にお行儀いいんだなって思います。前回優勝のブラジルのロナウドは大五郎ヘアだったでしょ。今回優勝のイタリアのトッティは赤ずきんちゃんみたいな格好で走り回ってるし、同じくイタリアのガットゥーゾはパンツ一丁の姿で世界配信されてるし。なんだか真面目に会社勤めしてる自分がバカらしく思えるアフォ~なモーニングでした。

ま、イタリア国民のみなさんには、くれぐれもコロッセオとか壊さないようご注意いただきたい。

2006W杯 (男と男の) 名場面ダイジェスト
[PR]
by ricobeauty | 2006-07-13 23:14 | 番外編